バストアップサプリメント

バストアップをするときに、サプリメントを飲む女性が増えています。そもそも、バストアップにサプリメントが効くの?と言う方も多いかもしれませんね。バストアップとサプリメントについて、少し調べてみましたが、現在販売されているバストアップ専用のサプリメントは、効果があるものとないものの2つに大きく分かれているようです。効果が現れないものは、数ヶ月飲み続けても効果が出ないようです。ただ、これはサプリメントに問題があるのか、ただ自分の体に合わないだけなのか、そこがはっきりしません。バストアップのためのサプリメントは、比較的高額ですので、あれこれと試すことは難しいですよね。では、どうするかと言いますと、まずはネットで情報収集することをお勧めします。今は、個人のブログでもバストアップに挑戦していると言う情報を発信している方もいらっしゃいますし、口コミサイトなどでも、それぞれのサプリメントについて、粒が小さくて飲みやすいだとか、どのくらいで胸の張りを感じただとか、そういうコメントがありますから、逐一読んでみる方がいいでしょう。それで、自分に合いそうなバストアップサプリを選びます。今、一番注目されているバストアップのサプリメントの成分は、やはりプエラリアでしょう。バストアップするには、女性ホルモンの活性化すると、バストアップの要因の一つである乳腺や乳脂肪体が発達してそれによりバストアップすると言われています。プエラリアにはその成分に含まれるミロエステロール、デオキシミロエステロールが、女性ホルモンであるエラストゲンを活性化させ、胸を大きくすると言われています。バストアップ以外の効果もあり、女性ホルモンのバランスを正常にすることにより、メリハリボディを作り、肌年齢を下げるなどの作用も期待できるそうです。

バストアップの方法

気にする女性は年中気にしているようですが、やはり春を過ぎて夏になると、胸元が大きく開いた服を着るようになりますから、どうしてもバストの大きさや形が目に付いて気になってしまうものです。他の女性の豊かなバストを横目で見ながら、自分のバストと比べてしまったり。効果的なバストアップの方法はないものかと考え込んだりしてしまいます。そもそも、なぜ人によってバストの大きさにこんなに差があるのでしょうか?バストは、90%の脂肪組織と10%の乳腺から出来ています。胸の大きさを決めるのは、乳腺の発達の具合だと言われているのですが、乳腺を発達させるには、女性ホルモンの充分な分泌が必要になってきます。女性ホルモンが多く分泌されれば、身体に脂肪が付きやすくなるのですが同時にバストも大きくなっていきます。バストアップには様々な方法があり、美容整形外科の豊胸手術を受けるのもバストアップの一つですし、自宅で、マッサージやサプリメントを用いて取り組むのも一つの方法です。美容整形外科では、胸にシリコン製バッグを入れたり、他の部位から取った自分の脂肪を注入するなどのいわゆる豊胸を行なったり、女性ホルモン注射することによってバストアップを目指す方法がよく行なわれています。ただ、そこまでの勇気とお金がなかなか出せない場合には、自宅で時間をかけてバストアップする方法もありです。様々な方法があるために様々な情報が流れています。自分に一番あった方法で取り組むことが確実なバストアップにつながると思います。まずは、情報収集をすることをお勧めします。

バストをケアする前にバストの事を知ろう

バストを綺麗にする為にケアしたいとか、バストアップをしたいとか女性なら誰でもバストの事には興味があると思います。そこで、まずバストの事を色々知ってみるのはいかがでしょうか?

バストを作っているのは「乳腺」と「脂肪」です。脂肪が多ければバストが大きくなると言う物でもなく、バストの大きさは乳腺がどれだけ発達したかによって決まると言って良いと思います。その発達した乳腺を守ろうとして周りに脂肪が付くと言う仕組みになっています。

ですからバストの基礎となる物は乳腺と言う事になりますので、乳腺を大事にしなければなりませんが、乳腺はホルモンのバランスによって発達に影響が出ると言われています。ですから過度なダイエットをしてバランスを崩してしまうと乳腺の発達にも影響が出てしまい、バストも小さくバランスも悪くなってしまいます。ですからバストの為に規則正しい生活やバランスが良い食生活を取る事が大切となってくるのです。

【大胸筋】
大胸筋と言う筋肉はバストを支えている土台的な役割をしている筋肉です。この大胸筋がきちんと鍛えられている事によってバストを支える事が出来るので、バストにとっては本当に重要な筋肉と言う事になります。その綺麗なバストを保つ為に大胸筋を鍛える様にマッサージや体操などを行うようにしてみるとキープ出来る様になると思います。

【肌】
バストを覆っている物は肌です。この肌に張りや弾力がないと綺麗に見えませんし、バストを支えていけるだけの力も無くなります。ですから特にデコルテ部分からバスト周辺の肌はマッサージしたり、オイルを塗ったりするなどケアを心がけるようにしましょう。

バランスが良いバスト作りをしましょう

バストをキレイに保つ為にはバランスが良いバストを作る事が大切となります。

「バスト」とは一般的に言うと女性特有の物「乳房」の事で、骨や筋肉等で作られていない為に柔らかい物となっています。
またその乳房は上に内側に動きが付けやすく、その中にある物を量で量って見ると片方大体300cc前後はあるのではないかと言われています。これは缶ビール1本分弱に当たる量で女性はいつも胸にビール2本ぶら下げて歩いていると言う感じになると思います。そりゃ肩が凝るわけですよね。

そんなバストを美しく維持していく為には肌のハリを維持するようにケアをしていく必要があります。

バストはクーパー繊維と呼ばれる鎖状に繋がっている脂肪細胞と脂肪で構成されていてその割合は1対9と脂肪がほとんどだと言う事が分かります。
「脂肪」と聞いてしまうとバストアップさせる為には、たくさん食べて脂肪を付ければ良いのじゃないかと考えてしまう人もいると思いますがお腹などの脂肪と違ってバストの脂肪は乳腺と連動している事から乳腺が発達しないと大きくはならないと言う事になっているのです。

となると大切なのは食べる量ではなく、食べる質と言う事になります。それもただ良いものを食べると言う事ではなくバランス良く食べるのが必要なのです。
ビタミンやたんぱく質などバランス良く食事から摂取するようにしてバストアップ、肌のハリを出し、魅力的なバストを維持するようにしましょう。

バストケア【バストアップマッサージ】

バストケアの一つとしてバストアップマッサージと言う物があります。バストアップマッサージは自宅で簡単に行う事が出来る為、お金もかけずに美しいバストを作っていく事が出来ます。

では何故バストアップマッサージをすると良いのでしょうか?バストアップマッサージをするとバストの周りの血行を良くする事が出来ます。そうするとバストにとって大切な女性ホルモンの分泌が活性化される事になります。また血行が良くなると言う事は血液循環も良くなると言う事になりますので相乗効果で新陳代謝も活発になり肌のツヤもハリも良くなったりするので美しいバストにして行く事が出来ると言う事になります。

この様にバストがマッサージによって美しくなるのであれば是非やりたいですよね。だからと言ってむやみにやってしまうと却って逆効果になる事もありますので正しくマッサージをしていきましょう。

では正しくバストアップマッサージを行う為のポイントを説明してみます。
バストアップマッサージに限らず何のマッサージにおいても言える事ですが、マッサージをする時には体が温まっている状態の時に行うのが血行も良くマッサージ効果が得やすいと思いますので出来ればお風呂上りに行うようにするのが良いと思います。

また、マッサージを始めるとついつい毎日やりたくなってしまうものですが、毎日やると細胞が成長するのを妨げてしまったり肌を傷めてしまったりしてしまう可能性がありますので出来れば1日おきとか週2~3日位にする様にしましょう。

また肌への刺激になる負担を減らす為にマッサージクリームやオイルなど刺激を与え過ぎないような物を使ってマッサージする様にしましょう。

バストケアの為のマッサージ【大胸筋】

バストケアの一つとしてバストアップマッサージをしてみませんか?ここでは大胸筋をマッサージする方法をいくつかご紹介してみたいと思います。

【大胸筋マッサージ1】
大胸筋をマッサージする事でバストの土台となっている部分を鍛えたり、血行が良くなったりする事になりますので、バストが垂れるのを防いでくれるようになります。

1.右手を左脇に挟むようにして入れます。この時親指は脇に挟まずに肩の付け根部分に充てるようにします。

2.大胸筋の力を抜いた状態で脇、肩の付け根、乳房などを右手親指の付け根で挟み込む様な感じでマッサージしていきます。

3.終わったら反対側の大胸筋も同じにマッサージして下さい。出来れば左側と同じ回数だけマッサージするようにするとバランスをキレイに保つ事が出来ます。

【大胸筋マッサージ2】
普段私達がしている日常生活において大胸筋を伸ばすと言う行為はなかなかしない物だと思います。ですから大胸筋をたまには鍛えると言う意味でもマッサージでもエクササイズでも良いので大胸筋を伸ばし、活性化させていく必要があると思います。

1.猫が伸びをする姿勢をします。
四つん這いになったら手を前に伸ばして顎を上げ、胸を床に付けるような姿勢をして大胸筋を伸ばします。

2.息を吐き、5秒間そのままの姿勢をキープします。最初のうちは大胸筋が痛いかもしれませんがすぐに慣れると思います。ですが痛すぎる場合は無理せず中止にしましょう。

3.ゆっくり元の四つん這いの姿勢に戻ります。

4.1~3を何度か繰り返しましょう。

バストケアの為のマッサージ【バストアップ】

バストケアの一つとしてバストアップマッサージをしてみませんか?ここではバストアップの方法をいくつかご紹介してみたいと思います。

【乳房マッサージ】
乳房マッサージと言うのは自分で行う事が出来、かつ家で手軽に行う事が出来るマッサージです。このマッサージを行う事により乳房の血行を良くする事が出来、バストアップ効果を期待する事が出来ます。

またマッサージをすると言う事は自分のバストを常に触ると言う事でもありますので、しこりなど乳がんに関する早期発見にもつながると思いますので是非実行してみて下さい。
1.乳房を右手と左手で上下を挟み込みます。そして弧を描くような感じで優しく持ち上げる様にマッサージしてください。

2.逆の乳房も同様に行います。

3.注意点としては乳房を挟み込む時バストを潰さないように気をつける事が大切です。
【腋下リンパマッサージ】
リンパマッサージをする事により、バストだけではありませんが新陳代謝を促進させる事が出来る上に老廃物を排出させる事が出来ます。
老廃物が排出されるとむくみを解消する事が出来、すっきりとした身体を作る事が出来ます。
胸の脇にあり、脇の下にあるリンパはリンパ節の中でも特に老廃物が溜まりやすい場所ですので定期的に流してあげるようにしましょう。

1.脇の下に手を入れ、リンパを探します。(リンパは触って何となくグリグリした感じがする所です。)

2.指を使ってそのリンパに対して円を描くようにして胸の方までマッサージしてきます。

3.逆側のリンパも同じようにマッサージして下さい。

バストケアの為にバストアップ体操をしましょう

バストのケアをする為に、バストアップをする事をしてみませんか?バストアップをする為にはバストアップ体操が良いと思います。

このバストアップ体操をするとバストの基本(土台)となっている大胸筋と言う筋肉を鍛える事が出来ます。筋肉を鍛えるとハリも出るし緩まないのでバストが垂れずに済みます。

【合掌】
まずバストアップ体操をするのに「合掌」のポーズをしてみましょう。
1.合掌をするような感じで、胸の前で両手を合わせる様にします。この時姿勢を正して背筋を伸ばすようにしましょう。

2.肘は曲がらない様に、90度になる様にしましょう。

3.その状態で手のひらを強く押しあって15秒間押します。この時呼吸は吐くようにして下さい。この時、力をうまく入れる為に、両手の間に雑誌などを挟んでみても良いと思います。

4.これを5回で1セットとし、1日3セットを目安にして行ってください。

【腕立て伏せ】
バストアップに効果があると言われている物に「腕立て伏せ」が挙げられると思いますので、やり方を書いてみたいと思います。

1.腕立て伏せをゆっくり15回ほど行うようにします。この時辛ければ膝を床に付けてもOKです。徐々に付けない様にするなど負荷をかけて行くようにしましょう。

腕立て伏せはやり始めるとストイックに何回も何回もやってしまう人も多いと思いますが、やり過ぎはその後続かなくなりますので、あまり無理をしない様にとにかく毎日少しでもいいので続けていきましょう。

バストケアの為のバストアップポイント

バストアップする為にはいくつか重要なポイントとなる事がありますので、ご紹介してみたいと思います。

バストアップをする為には乳房の皮下脂肪を増やす事、乳房の脂肪細胞を太らせる事と言うのが大切になってきます。とは言っても特定の場所だけの脂肪を増やすなど専門家でないと難しい事ですよね。と言う事で自分の脂肪を増やすと言うのは無理だと言う事になります。

では、自分で出来るポイントは何があるのでしょうか?私達のバストを支えている物、それは大胸筋と言う筋肉です。その大胸筋を鍛える事が大切になりますし、バストを綺麗に見せる為にハリも保つ必要もあると思います。この事についてちょっと説明してみましょう。

まずは大胸筋についてですが、バストを支えている物は「大胸筋」と言う筋肉です。ここを鍛える事により垂れてしまったバストをもう一度持ち上げる事が出来る様になります。また常日頃の姿勢の悪さもバストを垂れさせてしまう原因になります。姿勢が猫背になると大胸筋が弛んでしまい、バストを支えきれなくなります。これが下垂の原因になりますので姿勢を常に保つようにする事も大切です。またハリに関してですがハリが無い肌と言うのは老けて見えるようになりますよね。バストに関してもハリが無いと垂れて見える様になると思うのです。しかし肌は全身1枚続きになっていますのでバストの部分だけをケアしてもあまり意味はありません。全身をケアする様に心がける様にしましょう。

バストアップを考える前に

バストアップケアをやりたいと思う人は大勢いるでしょう。ただバストアップがしたいからと言って雑誌やインターネット等で調べた事を闇雲にやるのではなく、まずは自分のバストの状態をきちんと把握し、自分にはどういった方法が合うのかきちんと考えてみましょう。

バストアップしたいという人の中には胸が小さいから大きくしたいと願う人もいるでしょう。この中には生まれつき小さい方もいるし、若い時の極端なダイエットが原因になる方もいます。また出産や授乳、加齢が原因で起きる下垂で悩んでいる人もいると思います。下垂で悩んでいる人には姿勢が悪くて下垂になってしまう方がいるとか本当にバストの悩みは様々だと思います。

またバストアップとは無縁な感じを受けるのですが、逆に大きすぎて悩んでいる人もいます。

ではバストケアであるバストアップをするにはどんな方法があると思いますか?
手軽に出来る物で言うと例えばマッサージやエクササイズ、食生活、サプリメントなどでケアする方法、また大掛かりになると美容整形でケアする方法など様々な方法があります。

ここで考えなくてはならない事は、バストの悩みによって効果が出る方法が違うと言う事です。
極端に言うとバストが大きすぎて悩んでいる人に豊胸手術をしても意味がありませんし、バストが下垂している人にただシリコンバッグを入れただけだとダメだと言う事です。

ですから自分の悩みに合ったケアの方法を良く考える必要があるのです。